2007年11月06日

マージンコールとロスカット

FXをやっていて、何度も目にする言葉で、とても重要なシステムがマージンコールとロスカットでしょう。

マージンコールというのは、損失額が一定の額になったときに、現在の取引を意地するには証拠金が不足しているということの通知で、ロスカットは損失額が一定の額になったときに行われる強制決済のことです。

FXをしていて重要だというのは、これらのシステムのお陰で、相場の急変があった時にも、損失額が限度を超えて大きくなってしまうことを防いでいます。

FX業者によって違いがあるかもわかりませんが、大体マージンコールが発生するのは維持率が50%を割り込んだときに、FX業者がメールで連絡してくれることが多いです。

例えば、預け入れ資金が10万円で、ドルが100円のときに1万ドルの買いポジションを保有し(証拠金10万円が必要)、その後1ドルが94円90銭までドル安が進んだとすると、51000円のマイナスが発生して、預け入れ資金10万円から引くと49000円。

49000円を保証金10万円で割って、維持率は49%となります。

ロスカットの場合は、ロスカットレベル50%〜20%の間くらいで、FX投資者が自分で設定するところが多いようです。

FXをするときは、相場の動きに気をつけて、ロスカットはなるべく避けるようにしたいものです。
posted by 東京日記 at 21:24| 日記