2007年11月08日

アジアン家具

アジアン家具とは、インドネシア、中国、タイ、ベトナムなどで作られた雑貨を含めたインテリアのアイテムです。

材質としては、チーク材やバンブーが主流になっています。

家具としては、ソファやテーブル、ベッド、ダイニングチェアー、収納家具、たくさんあります。

そして、それらの家具は、自然の素材を使用しているから、心が落ち着き、優雅でリラックスすることができることから、最近は人気を呼んでいます。


アジアン家具を使うことによって、より南国のアジアンリゾートホテルのような空間を作ることができるからなのです。

さて、アジアン家具の選び方ですが、素材選びが大切な要素になってきます。

アジアン家具の素材は、なんと言ってもインドネシアのチーク材が失敗がなく、バリのリゾート感を出すにはもってこいの素材です。

天然木フレームのミラーを置くと他の邪魔にならなく、一点輝く存在になります。

日々の生活で疲れた身体と心を癒してくれる、アジアン家具。そんな癒しの空間を作ることにより、より快適で、よりゆとりのある暮らしを体感できます。

アジアン家具をちりばめて、美しさを兼ね備えた部屋作りで、スタイリッシュで機能的な生活、精神的にゆとりのある生活を送りましょう。
posted by 東京日記 at 10:28| 日記